日露戦争史 - 横手慎二

日露戦争史 横手慎二

Add: cedebyc62 - Date: 2020-12-02 16:17:50 - Views: 5824 - Clicks: 4711

「日露戦争史 20世紀最初の大国間戦争」についてのみんなの感想・評価・レビューです。電子書籍はソニー【Reader Store】。国内最大級の品揃え!無料本も多数!. Amazonで横手 慎二の日露戦争史 - 20世紀最初の大国間戦争 (中公新書)。アマゾンならポイント還元本が多数。横手 慎二作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 日露戦争史 20世紀最初の大国間戦争 (中公新書)/横手 慎二(新書・選書・ブックレット:中公新書)の最新情報・紙の本の購入はhontoで。あらすじ、レビュー(感想)、書評、発売日情報など充実。書店で使えるhontoポイントも貯まる。. /5/12 /1/26 book, おすすめ.

横手 慎二(よこて しんじ、1950年 4月16日 - )は日本の政治学者、慶應義塾大学教授。専門は、ロシア政治外交史。 東京都生まれ。1974年東京大学教養学部卒業、1981年同大学院社会学研究科単位取得退学。. ネットオフ ヤフー店の日露戦争史/横手慎二:ならYahoo! >日露戦争/長山靖生; 日露戦争/長山靖生. 日露戦争に至る背景と戦争の推移について詳細に述べられた歴史の本 面白かったこと・考えたこと ・「坂の上の雲」を1970年代に読んだ著者が、「坂の上の雲」とは違った形で日露戦争の研究史を書いた、というのが面白いなと思いました。. なお日露戦争における日本軍・ロシア軍の損害は以下の通りです(「にちろせんそう 日露戦争」『国史大辞典』1990年、横手慎二『日露戦争史-20世紀最初の大国間戦争』中公新書、年、『新版ロシアを知る事典』、年を参照)。. 日露戦争史 作者 : 横手 慎二 出版社: 中央公論新社 副标题: 20世紀最初の大国間戦争 出版年:页数: 216 定价: JPY 740 装帧: 新書 丛书: 中公新書. 日露戦争史 20世紀最初の大国間戦争 - 横手慎二 - 楽天Koboなら漫画、小説、ビジネス書、ラノベなど電子書籍がスマホ、タブレット、パソコン用無料アプリで今すぐ読める。. 横手慎二著 (中公新書, 1792) 中央公論新社,.

堀越技師の描く零戦開発史: 41: k095-001: 祖父たちの零戦: 神立尚紀: 二人の士官搭乗員と零戦: 40: i029-001: まさにncwであった日本海海戦: 伊藤和雄: 日本海海戦についての新しい視点: 39: y030-001: 日露戦争史: 横手慎二: 21世紀のいま問い直す、あの戦争の姿: 38: i028-001. 日露戦争 - 日露戦争史 - 横手慎二 "第0次世界大戦"と位置づけられることもある。 20世紀初の近代 総力戦 の要素を含んでおり、また2国間のみならず 帝国主義 (宗主国)各国の 外交 関係が関与したグローバルな規模をもっていたことによる 1 2 。. 所属 (過去の研究課題情報に基づく):慶應義塾大学,法学部,教授, 研究分野:国際関係論,政治学,西洋史, キーワード:ロシア,nato,ソ連,cefta,東アジア,冷戦,朝鮮戦争,金日成,サンフランシスコ条約,スターリン, 研究課題数:6, 研究成果数:17. 日露戦争は、日本とロシアにとってそれぞれにきわめて影響の大きい戦争であったが、客観的になかなか評価が確定していない。 戦後100年にあたり、その地球規模での意味に言及する試みがなされているが、本書は、ロシア近現代史の視点も含めて、戦争の.

多少スレ等あります。完璧品をお求めの方は入札をご遠慮下さい。落札後に行き違いの無いよう疑問など解らない事が有りましたら入札前に質問お願いします。送料無料※オークション終了後、24時間以内に 取引連絡(取引に必要な情報すべて)、その後、原則として、翌々日の午前中までに ご. テンプレート:BLP unsourced 横手 慎二(よこて しんじ、1950年 - )は日本の政治学者。 専門は、ロシア政治外交史。 1974年東京大学教養学部卒業、1981年同大学院社会学研究科単位取得退学。 当時の日本とロシアの国力から見て、戦争の帰結はロシア勝利であろうと世界中が考えていた。しかし何故日本の勝利となったのか。軍隊の訓練度、国民の戦争への意識度合い、ロシア国内の政治的状況、幾つかの要因が挙げられる。ここでは戦術的な内容ではなく、日本という国家がどの様な優位性を持っていたのかを考え、現代の日本に生かすことができる影響を探ってみたい。 まず1番目に挙げたい当時の日本の優位性に、教育水準の高さが挙げられるだろう。外交研究家の岡崎久彦氏は「日露戦争を勝った連中は江戸時代の教育を受けた連中だ」と述べているが、徳川300年の時代における教育水準の高さについては当時日本を訪れた外国人の記述からも多くみられている。かのナポレオン・ポナパルトは士官になるのに必要条件として読み書きの能力を挙げたが、その理由として戦場での書面での指令ができるかどうかであった。そういう意味では日露戦争時代の将校では日本語は勿論のこと、英語、ロシア語をあやつる者も少なくなかった。そして日露戦争に挑んだ司令官たちは東郷平八郎をはじめとして戊辰戦争、西南戦争、日清戦争の戦火をくぐりぬけてきており、高い水準での戦略論を持ち合わせていたのである。資源を持たない日本という国家において、人という財がいかに重要かということが歴史から判断できる。 2番目には技術力である。日露戦争における一大決戦に日本海海戦が挙げられるが、この日本海海戦でバルチック艦隊を撃沈するに大きな役割を果たしたのが日本の技術力である。戦線で使われた爆薬は海軍技師・下瀬雅允によって発明された「下瀬火薬」という爆薬で、当時の世界では類を見ない爆発力であった。主成分に度もの高温を出すピクリン酸を使用しており、ロシアの綿火薬と比べると2倍の爆発力を誇った。現在も技術大国である日本であるが、当時においてもそのような傾向があったことは、日本人の特性が発揮されるのが技術分野であるということの証明でもあろう。 こうして歴史から学べることは、日本という国家が世界に対して優位性を持つのは、人財という資源、そして智恵の結晶である技術力である。21世紀の日本を考えていくうえでも、この人財と技術力というキーワードは外すことができない。教育によって一人一人の国民の力を高め、技術がもたらすイノベーションで優位性を保つことがグローバリゼーションの中で生き残. 日露戦争とは歴史的にどういう意味を持つ戦争だったか。 日本とロシアそれぞれの視点に立って、戦争の捉え方、影響を分析した新書 『坂の上の雲』 を読了したので、現代の研究ではどう扱われているか確認する気で読んでみた. このような想いに基づいて、私は、まだまだ日露戦争の教訓を引き出し続けていく所存である。 参考文献 『検証日露戦争』(読売新聞取材班、中央公論新社、平成17年) 『日露戦争史』(横手慎二、中公新書、平成17年).

『日露戦争史 - 20世紀最初の大国間戦争 (中公新書)』(横手慎二) のみんなのレビュー・感想ページです(18レビュー)。作品紹介・あらすじ:日露戦争は、日本とロシアにとってはそれぞれにきわめて影響の大きい戦争であったが、客観的になかなか評価が確定していない。. (3) この時期の日本,英国,ロシアの関係は,横手慎二『日露戦争史』中央公論新社,年を参照。 (4) 神野正史『世界史劇場 日清・日露戦争はこうして起こった』べし出版,年,302頁。なお,戦闘の経 緯は,前掲書『日露戦争史』を参照。. See full list on mskj. 書名:日露戦争史: 20世紀最初の大国間戦争: ISBNC1221: 中公新書 1792: 価格:740Yen: ページ数:214P: 本のサイズ:新書.

日露戦争史 : 20世紀最初の大国間戦争. 日露戦争は、日本とロシアにとってはそれぞれにきわめて影響の大きい戦争であったが、客観的になかなか評価が確定していない。戦後一〇〇年にあたり、その地球規模での意味に言及する試みがなされているが、本書は、ロシア近現代史の視点も含めて、戦争の背景・経過・影響を通覧しよう. 衝突への序曲 ウィッテの極東政策の破綻と開戦への道 飯島康夫 著 日露戦争とロシア正教会イデオロギー 仁井田崇 著 日清戦後経営期の軍事支出と財政政策 小野圭司 著 「明治三十三年艦団部将校作業書」と日露戦争 高橋文雄 著 / 政治と外交 日露戦争と.

ではここでは日露戦争が現在の日本に残す教訓について考えてみたい。一般論的な見方は様々あるであろうが、私なりの視点で捉えたときに、現在の日本に生かすべき教訓が2点あると考える。非常にオリジナルな考えではあるが、あえて記してみたい。 1点目は日比谷焼き打ち事件に見られる報道の扇動による大衆の混乱である。 日露戦争の講和条件はポーツマス条約にて、樺太の南半分割譲のほか、長春と旅順間の「南満州鉄道」と、遼東半島の租借(そしゃく)権の譲渡などだった。相応の成果を得たのだが、賠償金を得ることができなかったため、国民の多くは不満を抱いた。大国ロシアを打ち破ったものの、戦争中の重税、生活苦のといった苦労が報われない屈辱的な条件であるという風潮から9月5日に講和反対組織の会合が東京・日比谷公園で計画されたが、警察はそれを禁止し、公園を封鎖した。公園入り口に押し寄せた数万人の群衆は、公園内になだれこみ、国民新聞社を襲撃するなどといった騒動になった。これが日比谷焼き打ち事件である。 当時の鬱積した時代状況がこうした事件を招いたともいえるが、それ以上に日露戦争における報道のあり方が問題であった。実際の講和においてはギリギリの交渉があったにも関わらず、それまでの連戦連勝といった報道から、国民は大勝に見合うだけの賠償を求めたのである。この日比谷焼き打ち事件は国民が国家に声を上げていくという意味では大きな時代の変化を裏付けるものであったといえるだろう。大正デモクラシーへと続いていく民主主義の芽生えという意味では歴史的に評価されるべき出来事であった。ただ、そうした流れに導いた底流には真実を伝えること以上に扇動的になっていた報道、マスコミが存在し、その責任は逃れることができないと考える。 日本人は、ひとつの方向に流されてしまう傾向があることは否めない事実である。それが単一民族の宿命ともいえるのだろう。 だからこそ報道、マスコミは責任を持って事実を伝えていかなくてはならないのであるが、果たして100年経過した今、報道、マスコミは当時から進歩したのであろうか。先般の郵政民営化を巡る総選挙を見る限り、進歩があったとはいえないと感じるのは私だけではないはずだ。劇場型の選挙スタイルをあおり、郵政民営化法案への賛否というシングルイシューに対する諮問型レファレンダムというべき選挙を社会的に是としてしまった。. 日露戦争を考えたときにまず思い浮かぶのは、当時の世界における時代潮流である。帝国主義全盛期において、日本は西欧列強に立ち向かうべく富国強兵に励んでいた。江戸300年の鎖国から解き放たれ、帝国主義という当時のグローバリゼーションの中で、明治の指導者達、そして国民一人一人がいかに国際情勢をとらえていたのだろうか。象徴的な出来事として日清戦争の勝利後、ロシア・ドイツ・フランスによる三国干渉によって遼東半島の放棄を求められたことが挙げられる。当時の流行言葉に臥薪嘗胆があったことは有名である。国家国民を挙げて日本という国家を護ろうとした、当時の国民のその悲壮な覚悟は想像するに余りあるものがある。 極東の島国である日本にとって、西欧列強の東進に対して、日本海を挟んで接するユーラシア大陸との緩衝地帯となる朝鮮半島、満州は生命線であった。ロシアの満州、朝鮮への進出は日本への最大の脅威であったことが戦争の要因である。こうしたことから考えると、日露戦争における意義とは、日本が西欧列強の東進を食い止めたことであるといえよう。講和によるポーツマス条約は北東アジアにおける安定を生み出し、第二次世界大戦までの40年間に渡る北東アジア各国の成長に寄与したものと考えられる。結果としてアジアの解放という考え方も出てきたのである。歴史にIFというものはありえないのであるが、もし日露戦争が行われることなく、ロシアの進出を許すことになれば、対馬、九州、そして北海道、がロシア領となっていたことも否定できない。領土の維持は勿論のこと、そうしたときに「くにのかたち」が大きく揺らいだことが否めないだろう。反論として日露戦争が行われたことによって満州への利権を得たことが結果として第二次世界大戦での敗北へとつながったという指摘もあるが、しかし全ては結果論である。今大切なことはその戦争の意義をしっかりと捉え、未来に生かしていくことである。 では続いて日露戦争の特徴についてみていこう。日露戦争の大きな特徴として、それまでの19世紀の戦争と大きく異なった規模での戦争となったことである。アメリカ南北戦争、普仏戦争とは技術、兵力動員規模、展開が決定的に異なり、大国と大国の戦争であったといえよう、戦死者の数は一般的な統計では日本側で84000人、ロシア側で5万人以上とされている。昨年の秋、激戦の地であった203高地を視察し. 横手慎二『日露戦争史 20世紀最初の大国間戦争』中公新書、年、isbn; 森貞彦『日露戦争と「菊と刀」』、東京図書出版会、年、isbn; 日露戦争研究会『日露戦争研究の新視点』、成文社、年、isbn. >日露戦争海戦写真史/平塚柾緒(著者),近現代史編纂会(編者) 日露戦争海戦写真史/平塚柾緒(著者),近現代史編纂会(編者) 店舗名:BOOKOFF Online ヤフー店. 【ホンシェルジュ】 日露戦争が日本の勝利に終わったのは1905年、明治38年のことでした。明治維新からわずか38年で、巨大な軍事力をもつロシアに対し日本はどのようにして勝利したのでしょう。. ニチロ センソウシ : 20セイキ サイショ ノ タイコクカン センソウ. 参考 『日露戦争史・20世紀最初の大国間戦争』横手慎二:著 中央公論新社 年 『日露戦争の世紀-連鎖視点から見る日本と世界-』山室信一:著 岩波書店 年.

横手慎二 著. 前段階、戦争の経過、その後の影響、また海外の史家や世界史的な視点からもふくめて、日露戦争を見直す。 *** 十九世紀末は各地で植民地戦争が頻発した時代である。アフリカにおける植民地戦争や、米西戦争、中国の分割がこれにあたる。こうした状況の中で、日露対立はいかにして生まれ. 著者・横手慎二氏の 日露戦争史~20世紀最初の大国間戦争~ は、世紀転換 期における、欧米諸国の植民地政策と東南アジアの中国の統治権をめぐる日露 の軍事衝突であったことを、冷静に伝えている。. 店舗名:ネットオフ ヤフー店. 日露戦争史 - 20世紀最初の大国間戦争 - 横手慎二 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 横手慎二『日露戦争史-20世紀最初の大国間戦争』、中公新書、年 国史大辞典編集委員会『国史大辞典』、吉川弘文館、1990年 川端香男里、佐藤経明ほか編集 『新版ロシアを知る事典』、平凡社、年. 日露戦争史 20世紀最初の大国間戦争 中公新書 - 横手慎二のページをご覧の皆様へ HMV&BOOKS onlineは、本・CD・DVD・ブルーレイはもちろん、各種グッズやアクセサリーまで通販ができるオンラインショップです。.

横手 慎二(1950年4月16日 - ) 是一名日本的政治學家,慶應義塾大學教授。 專門是俄羅斯政治外交史。. 横手 慎二『日露戦争史 - 20世紀最初の大国間戦争』の感想・レビュー一覧です。電子書籍版の無料試し読みあり。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。.

日露戦争史 - 横手慎二

email: apaga@gmail.com - phone:(492) 162-8588 x 5095

これ1冊で子どももノリノリ 音楽授業のプロになれるアイデアブック - 高見仁志 - 手紙です 天野祐吉

-> 学校で育てる植物のずかん 全4巻 - おくやまひさし
-> 書-現代作家の技法 行書・草書 - 江口大象

日露戦争史 - 横手慎二 - シェイクスピア名作劇場


Sitemap 1

世界初 市民性教育の国家規模カリキュラム - 渡部竜也 - シャール 評伝を添えて シャール詩集